ペット、犬、猫、保険、医療費、補償、メリット、保険料、一括見積、アニコム、遺伝子検査

もしものことを考えてペット保険や遺伝子検査

ワンちゃん、猫ちゃんと生活していると思わぬことで突然具合が悪そうにしていることがありますよね。
ペットが病気やケガをしたら医療費が思ったより高額になると聞き、ペット保険への加入を検討している方も多いのではないでしょうか?ペット保険だとアニコムなどが有名ですよね。ペット保険とはどういうものなのか、メリットや注意点、選ぶときのポイントについてわかりやすく解説します。
保険スクエアbang! ペット保険

 

★ペット保険ってどういうものでしょうか?

ペット保険は毎月または年一括で保険料を支払うことで、動物病院での医療費の一部が補償されるものです。保険金の請求方法は、「窓口清算」「立替清算」の2通りがあります。
動物病院で治療を受けると、医療費の支払いは全額飼い主の負担になります。病気やケガの具合によっては、かなりの高額になることもあります。
たとえば猫の病気やトラブルについて、医療費の例をみてみましょう。外耳炎の場合、通院1日でも医療費は7,000円程度かかっています。外耳炎は繰り返しかかることもあり、たび重なると負担も大きくなります。胃腸炎になった場合は、通院3日程度で医療費は18,986円とやや高額になってきます。猫に比較的多い誤飲では、手術になることもあるため医療費はさらに高額になります。手術と入院費を合わせた医療費は325,404円となっています。
もしものことを考えてペット保険や遺伝子検査

 

★ペット保険補償の対象は主に3つ
ペット保険の補償対象は主に次の3点です。

  • 通院
  • 入院
  • 手術

ただし、以下のような診療などは保険の対象外です。

  • 不妊、去勢手術
  • ワクチン予防接種
  • 健康診断
  • 爪切り、耳掃除など

これらに加えて、先天性疾患も対象外になることがあります。詳しい補償内容はペット保険各社によって異なるようなので、必ず事前の確認が必要です。

 

★ペット保険のメリットとは?

ペット保険に加入するメリットは、飼い主だけでなくペットにもあります。医療費の負担が軽ければ動物病院を受診するハードルが下がり、ペットの健康維持につながります。
保険スクエアbang! ペット保険

 

 

急な病気やケガのときも安心
食べすぎによる消化不良、おもちゃの誤飲、高いところからの着地によるケガなど、猫の病気やケガはどんなに注意していても起きる可能性があります。急な事態でも、ペット保険で備えていると安心です。
早期発見・早期治療につながります。
お金の心配をせずに動物病院にかかれるので、「ちょっと様子が変だな」と思ったときもまずは動物病院に連れて行こうという気持ちになれます。これは早期発見・早期治療にもつながり、結果的にペットの身体的負担も医療費も減らすことができます。
高度な治療を選択できます。
病気によっては、医療費が高くなりがちな高度な治療をする必要がでてくることもあります。ペット保険に入っていることで金銭的な負担が軽くなり、治療の選択肢の幅が広がります。

 

★ペット保険の注意点

ペット保険に入っても「すぐ補償されるわけではない」「年齢とともに保険料が上がる」など、注意したいこともあります。
加入後の一定期間は補償の対象外になります。
加入しても「病気やケガが、すぐに補償されるわけではない」場合もあるので注意しましょう。加入直後、一定期間が補償の対象外になる「待機期間」があり、その期間は保険会社によって異なります。たとえば、病気の待機期間が30日間あるとすると、その待機期間中病気になっても保険金は支払われません。
年齢とともに保険料も上がります。
猫も年齢を重ねると、さまざまな病気にかかる可能性が増えてきます。そのため保険料は加入時のままではなく、更新時の年齢で上昇します。何歳でどれくらい上がるのかをあらかじめ確認することが大切です。


 

 

★ペット保険をさらに詳しく知るには、下記のサイトなどから資料を確認してみるといいようです。

 

・保険の一括見積サイト
保険スクエアbang! ペット保険



・ワンちゃんネコちゃんで少額保険なら
いぬとねこの保険

 

★ペットの先天性の病気の検査には遺伝子検査がおすすめ

ペットの先天性の病気とかがないか?ペットの先天性の病気が気になったら遺伝子検査という方法があります。

 

・ワンちゃん用遺伝子検査
わんちゃんは喋れないからDNAに聴きましょう!WEBで結果確認可能な犬遺伝子検査【Pontely】


 

・ネコちゃん用遺伝子検査
WEBで結果確認可能な猫の遺伝子検査【Pontely】


 

 

page top